忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/20 23:31 】 |
ワキガの手術の種類について
ワキガを手術する前に、必ず、手術の内容を徹底的に調べてください。

そして、メリット、デメリットを確認してください。

デメリットが大きいなあと思ったら、あなたの症状と相談してください。

では、ワキガの手術の種類について解説いたします。

最近では、食事が欧米化したせいなのか、ワキガに悩んでいる方が多くいらっしゃるようです。

けれど、ワキガとひとくちに言っても、症状が軽度のものから重度のものまであり、
またその治療法も様々あります。

市販されている制汗薬等を使用して一時的にニオイを抑える方法から、
ボトックスを注入する方法、そして、ワキガの臭いの元となっているアポクリン腺を
取り除く手術を行う方法等です。

それでは、その中のワキガの手術とは、一体どういったものなのでしょうか。

ワキガの手術は非常に種類が多い為、
一般的な方法としては以下のものが挙げられるでしょう。

・インフォレーゼ法・・・
ホルマリンに浸したガーゼを当て電流を流して、アポクリン腺やエクリン腺などの汗腺口を閉じます。
・電気分解法・・・汗腺口に針を刺して電流を流し、毛根と一緒にアポクリン腺の分泌口をふさぎます。
・マイクロレーザー法・・・アポクリン汗腺口に直接レーザーを照射して破壊します。
・超音波法・・・超音波により、アポクリン腺を取り除きます。
・削除法・・・わきの下を1センチ程度切開し、皮下組織を削除、吸入します。
・剪除(せんじょ)法・・・わきの皮膚を3~4センチ程度切開し、皮膚をひっくり返して直接目で確認しながらアポクリン汗腺を除去します。

それぞれの手術法には、当然のことではありますが、メリットとデメリットがあります。

もし、これらの手術を受ける場合には、
事前に専門の医師のカウセリングをきちんと受け、
あなたの症状に合った手術法を選択する事が重要です。

>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2011/11/09 19:05 】 | ワキガの手術
| ホーム |