忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/16 11:27 】 |
汗をかく部分とは
汗をかく部位として、手、足、背中、脇の下や顔などが考えられます。

その部位から出る汗があまりにも多い場合は多汗症と疑ってください。

症状次第では、手術も検討しないといけないかも知れません。

では、汗のかく部分の説明をします。

手の汗が酷くて書類が濡れて字が書けない、
寒い季節なのに靴の中が湿ってしまうくらい足に汗をかく、
水浴びをしたのかと思うくらいに背中から汗が滴り落ちる、
脇の下がビショビショになる。

こんな経験をした事はありませんか?

もしかすると、それは単純にあなたが汗かきの体質だから
なのかもしれませんね。けれど、
年齢を重ねてもなかなか症状が改善されなかったり、
日常生活にまで支障をきたしたりするようであれば、そ
れは単なる汗かきではなくて、何かの病気かもしれません。

それでは、体の一部分を中心に汗が多量に出る症状には、
一体どんな病気が考えられるのでしょう。

手であったり、顔であったり、足であったり、
体の一部分を中心にして汗が多量に出てしまう症状としては、
多汗症が考えられます。

多汗症は、人が汗をかくほとんどの体の各部分から発汗し、
汗の程度によってもレベル分けされているので、
なかなか多汗症だとの特定は難しいかもしれません。

けれど、基本的に汗というものは、
体温調整を行う為に出てくるものなのですが、
涼しい季節やエアコンの効いた涼しい部屋の中でも、
ビショビショになるくらい多量の汗をかくようでしたら、
まず多汗症を疑ってみましょう。

多汗症の中で、手の平や足の裏、脇の下や頭、
顔などの一部分から大量の汗をかく場合には
「局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)」と呼ばれています。

久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2011/09/18 16:40 】 | 汗の部位
| ホーム |