忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/16 11:37 】 |
多汗症はストレスから
ストレスは万病の元と分っていても
ストレスはたまっていくもの、
と考えているあなたへ、ストレスは解消できるのです。

あなた自身を楽にしてやる事。

失敗も将来の成功のためなどと割り切る事。

では、ストレスからも多汗症発症について説明します。

多汗症でお悩みのあなた、性格が神経質だったり、几帳面だったり、
あとは、人前に出るとどうしても緊張してしまったりしていませんか?

多汗症は、ストレスとは切っても切れない関係にあるのです。

多汗症は緊張したり、不安を感じることからくるストレスなど、
精神的な問題が原因の一つだと言われています。

ストレスを感じたことにより、自律神経である交感神経が刺激を受けます。

交感神経が刺激を受けたことによって、
エクリン腺の働きが活発化することで発汗してしまうのです。

発汗することが人間として当たり前のことなので、
ただ自分は汗をかきやすい体質なのかなと思ってしまい、
多汗症であることに気がつかない方もいらっしゃるほどです。

それとは逆に、人前で異常に汗をかいてしまうことを気にするがゆえに、
汗をかいてはいけないと意識することで、さらに汗をかいてしまう方もいらっしゃいます。

多汗症の場合、全身から発汗するのではなく、
手のひらや脇の下など部分的に大量に汗をかくのが特徴です。

心配なようでしたら、一度病院へ行って診察してもらうと良いでしょう。

そこで多汗症と診断された場合、
自分のストレスとなっている原因を取り除かなくてはいけません。

ストレスをため込まず、交感神経を刺激しないことが一番良いのです。

休日はストレスを感じないようにゆっくり休むなどして、
対処していかなくてはなりません。

汗をかくことを気にすればするほど、ストレスとなってしまうこともあるので、
汗をかくことが気にならないくらい、没頭出来る趣味などを見つけるのもいいかもしれませんね。


>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2011/10/07 17:25 】 | 多汗症とストレス
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>