忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/23 15:36 】 |
多汗症と汗かき
汗かきと多汗症は同じなのでしょうか?

あまりにも自分が汗かきだと、ひょっとして多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)なのではないだろうかと思っちゃうだといえますね。

汗かきと多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)を明確に区別するのはむつかしいといわれていますから、汗で悩んでいるのでしたら一度病院に行きみることをお勧めします。

大雑把な目安としては、運動した時や暑い時、食事をした時など、どのような方でも汗をかくような場面で、人よりも多く汗をかいてしまうのが汗かきです。

汗の量に限らず、周りの方が暑さを感じないような気温でも汗をかいてしまったり、ちょっと体を動かしたりするだけでも汗をかいてしまってます。

他の人よりも、汗をかく頻度も量も多いわけですね。

一緒に食事をしていても、1人だけダラダラと大量の汗をかいてしまうということもあるでしょう。

でも、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の場合には、自分の部屋にひとりでいて、リラックスした状態でも脇の下に滴るほどの汗をかいてしまったりしますからす。

つまり、汗をかく理由がないのに、常にかいてしまいます。

急性リウマチやバセドウ病などの疾患が要因で、発汗することもあるでしょう。

ただ、一般的には自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)のバランスが崩れている事で起こると考えられています。交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が必要もないのに優位になることで、発汗が過剰に促されてしまうためす。

自律神経のバランスは、規則正しくない生活やストレスなどで、簡単に崩れてしまうでしょう。

逆に言えば、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)のバランスを整える事により、多汗症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を緩和することが可能でしょう。


>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2012/04/09 15:45 】 | 多汗症
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>