忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/19 14:26 】 |
多汗症に冷水浴が効く
人間の体はもともと防衛本能があります。

汗をかく、痛みを感じるとか、甘味などなど。

多汗症も何等かの防衛本能が働いたと思います。

防衛本能が働く、つまり自律神経が機能する。

では、多汗症と例水浴について説明します。

多汗症は人前で緊張したりしてストレスを感じたりすると、
手のひらや脇の下に異常なほど汗をかいてしまう病気です。

やはり、人前などで異常なほど汗をかくということを恥ずかしく思ったりする方も、
中にはいらっしゃると思います。

恥ずかしくて治療に行くことが出来なかったり、
今一歩、病院に行く勇気が出ない方におすすめしたい療法があります。

それは、「冷水浴び」です。どのような方法かと言いますと、
名前の通り、冷水を浴びるということです。

冷水をかけますので、元々心臓が弱かったり、
心臓に不安がある方にはおすすめ出来ないのでご注意下さい。

具体的な方法をご説明します。

湯船にお湯をはり、
足などから全身を揉みほぐしながらゆっくりお湯につかって、
汗をかいて体全身を温めて下さい。

体を温めることで、一度自律神経を高ぶらせます。

汗をかいて体が温まったら、湯船から出て、冷水を浴びます。

体を温めてから冷水を浴びるという行為を行うことで、
実は自律神経を正常化させているのです。

多汗症はなんらかのストレスを受けることにより、
自律神経に影響を与えているので、
この冷水浴びでその乱れた自律神経を元の状態に戻すという訳なんです。

冷水浴びを一度行ったからと言って、すぐに効果が出る訳ではないので、
1~2週間ほど継続して行ってみて下さい。

お風呂で汗をかいてデトックス作用もあるので、体が健康的になるでしょう。

お金もかからず、自分だけで行える方法なので、是非試してみて下さい。


>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2011/10/10 14:01 】 | 多汗症
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>