忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/25 02:32 】 |
汗かきと手術
汗かきで悩んでいる人なら一度くらいは、手術をして汗の心配をしなくて済むようになりたいと考えたことがあるのではないでしょうか。汗かきは人目がすごく気になってしまうでしょうし、日常生活にまで支障をきたす事も多いと思います。

汗かきの人のほとんどが、汗のかきすぎで恥ずかしい思いをしているものです。

汗かきのせいで、仕事や学業がままならないということもあります。水分補給さえしていれば、汗かきが原因で死ぬことはないですが、汗かきなのが嫌で死にたくなることはあるでしょう。

汗かきのせいで対人関係に積極的になれず、前向きな気持ちになれないと言う人も多いです。

多少お金や時間が掛かるとしても、手術を受ける事で、汗かきの悩みがなくなるならと手術に踏み切る人もいるかもしれません。ただし、この手術を受ければ、汗かきの悩みが絶対に解消可能なという手術は、今のところ存在しません。

場合によると、大きな傷痕が残ったあげく、手のひらに汗はかかなくなったものの、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)やお腹、お尻、太ももなどに今まで以上に汗をかくようになる可能性もあるのです。

これを代償性発汗(最小限の発症ですむように配慮して多汗症の手術を行っている病院もあるようです)と呼んでいます。最近では、手術の方法も進化しており、選択する手術方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)によっては傷痕が小さくてすむでしょう。

とはいえ、汗かきを改善するための手術というのは、発汗の要因となる汗腺などの皮下組織を除去したり、交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)の一部を焼いたり、切ったりするというもの。

一度行ってしまえば、どんなに不具合が出たとしても元には戻せません。それに、不具合が出なくても、再発してしまったりする可能性があるのです。


>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2012/04/09 15:50 】 | 汗かきと手術
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>