忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/16 11:40 】 |
手汗とオドレミン
あなたの手汗の原因が何であるのかを突き止め
その原因に対応した方法を試してみてください。

ここでは、手汗とオドレミンについて詳しく説明しますが、
手汗で悩み続け、自ら手汗解消方法を見つけ、自身が手汗から脱却し
更に、友人知人などにその方法を教え、感謝された。

そのマニュアルのリンクを載せておきます。

手汗対策の一つとして、オドレミンがあります。

オドレミンとは、塩化アルミニウムが配合された日邦薬品の制汗剤のことで、
皮膚の汗を抑制し、高い制汗効果を持っていると言われています。

オドレミンは病院でも多汗症の治療薬としてよく処方される有名な制汗剤で、
手だけでなく、ワキや足などにも使用することが可能です。

使用方法もとても簡単で、入浴して体をきれいに洗い、汗をかきやすい部分に適量を塗るだけでいいのです。

たったこれだけで、汗のかきすぎを抑えることが出来るなんて、信じられないかもしれませんね。

もちろん、完全に汗を抑えることはできないでしょう。

それに、その効果には個人差があります。

ただ、手汗で悩んでいる方が実際にオドレミンを使用したところ、
使用する前より改善されたと感じたそうです。

それに、オドレミンを塗ることによって、安心感を得ることが出来るというのも大きいでしょう。

以前よりも不安や緊張を感じることが少なくなり、汗をかきにくかったという方も少なくないのです。

ただ、オドレミンには、
制汗効果が高いと言われている塩化アルミニウムは13%程度しか含まれていません。

もっと高い制汗効果を得たいのであれば、
塩化アルミニウム水溶液を使う方がいいでしょう。

とはいえ、千円くらいの商品ですから、手始めにオドレミンを試してみてもいいと思います。

中には、オドレミンを使ったら、今までの悩みがウソのように汗が止まったという方もいます。

逆に、全く効果がなかった、痒くなって使えなかったという方もいますので、相性が大きいです。


>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
PR
【2011/12/20 17:35 】 | 手汗とオドレミン
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>